来る、きっと来る──Jホラー批評の可能性をめぐって(アーギュメンツ#3)

Posted on text

批評誌『アーギュメンツ#3』の座談会「来る、きっと来る──Jホラー批評の可能性をめぐって」に参加しています。
鳥取周辺で入手したい方は佐々木までご連絡ください。

刊行日|2018年6月16日
頁数|158頁
定価|2000円
著者|大前粟生、逆卷しとね、佐々木友輔、シン・ワン(訳:鈴木亘)、波勢邦生、増田展大、丸山善宏、山内朋樹、レイ・ブラシエ(訳:佐藤正尚)、黒嵜想仲山ひふみ
編集|黒嵜想+仲山ひふみ
発行人|渋家株式会社、たまらん、M
アーギュメンツの販売、取扱に関するお問い合わせ|arguments.criticalities(a)gmail.com
ウェブ|https://arguments-criticalities.com/

目次|

「なぜ、なにもないのではなく、パンジーがあるのかーー浪江町における復興の一断面」
山内朋樹

巻頭言「この世界の震え」
黒嵜想+仲山ひふみ

「トナリビトの怪」
波勢邦生

座談会「来る、きっと来る──Jホラー批評の可能性をめぐって」
佐々木友輔+逆卷しとね+黒嵜想+仲山ひふみ

「アジア的未来主義と非−他者」
シン・ワン(訳:鈴木亘 解題:鈴木亘+仲山ひふみ)

「オブジェクトと写真──ポスト・インターネット再考」
増田展大

「脱水平化──フラット存在論に抗して」
レイ・ブラシエ(訳:佐藤正尚 解題:佐藤正尚+仲山ひふみ)

インタビュー「圏論はポスト脱構築的綜合をもたらすか」
丸山善宏(聞き手:仲山ひふみ)

「仮声のマスク(後)」
黒嵜想

小説「断崖」
大前粟生

「デザイナーズノート」
布施琳太郎+伊阪柊+鈴木雄大

編集後記
黒嵜想+仲山ひふみ

「不浄を競えーーCESSPOOL短評」
(黒嵜想+HOX)