映画愛の現在

現在を見つめ、未来の「映画愛」のかたちを探る長編ドキュメンタリー映画三部作

Introduction

2016年の春、大学の職を得て、鳥取で暮らすことになった。夜行バスに乗り込んで、三年間過ごした東京を離れる。鳥取市内には、映画館が一館しかなかった。県内で見ても、東中西部にそれぞれ一館ずつ、合計三館しかなかった。

個人制作の映画を撮り、作品論や作家論も書いてきたわたしにとって、これは大問題だった。「日々、浴びるように映画を見なければ、優れた作品はつくれない。優れた文章を書くことはできない。」そういう世界で生きてきたからだ。

「映画とは何か。」映画を愛する人々の決まり文句。けれども今は、別の問いを立てる必要があった。映画はどこにあるのか。どこに映画を見に行くのか。私はスクリーンを求めて街に出た。この土地で映画を愛し、自らの手で上映機会を作り出す活動を続けてきた先輩たちに、人生相談をする旅が始まった。

第Ⅰ部 壁の向こうで

Cinephilia Now: Part I
Secrets within walls

予告編作品概要
第Ⅱ部 旅の道づれ

Cinephilia Now: Part Ⅱ
Fellowship to cast the ring

予告編作品概要
第Ⅲ部 星を蒐める

Cinephilia Now: Part Ⅲ 
Lux crawler i++

予告編作品概要

映画愛の現在 第Ⅰ部/壁の向こうで

Cinephilia Now: Part I – Secrets within walls

103、ビデオ、2020年 揺動FILMS01

出演:中村俊一郎、清水増夫、Clara、黒田ミキ、森本良和、長嶺泉子、中島諒人、映画を見る会、赤井あずみ、蛇谷りえ、安部大河、柿原朔太郎

監督・撮影:佐々木友輔

編集:井田遥

音楽:田中文久

主題歌「旅に出る唄」作詞・作曲:原將人(正孝)、編曲:田中文久、歌 : 大久保藍

製作:鳥取銀河鉄道祭実行委員会、佐々木友輔

デザイン:三宅航太郎(うかぶLLC

協力:蔵多優美、坂田希究、佐々木つばさ、蛇谷りえ、高橋裕行、山崎七重

スペシャル・サンクス:木野彩子、五島朋子、筒井宏樹、野口明生

Cinephilia Now: Part Ⅱ – Fellowship to cast the ring

映画愛の現在 第Ⅱ部
旅の道づれ

103分、ビデオ、2020年、揺動FILMS02

山陰本線の汽車に乗って、舞台は鳥取県東部から中部へ。今回の旅では、自主映画やドキュメンタリーの作り手と多く出会った。既存の枠組みに固執せず、地域に根ざした表現のかたちを模索する人々と言葉を交わしながら、わたしは自分自身を省みる。霞がかった視界の先に、次の目的地が見えてくる。

出演:安部大河、柿原朔太郎、大久保藍、荒尾極、荒尾純子、中森圭二郎、波田野州平、村上大樹、松本凌、蛇谷りえ、金澤瑞子、杉原美樹、磯江正一、河原朝子、上所俊樹、野口明生、中山早織、小松亜希恵、服部かつゆき

声の出演:赤井あずみ、大下志穂、中島諒人、吉田明広、水野耕一、小山大輔/マルチーズ

監督・撮影・編集:佐々木友輔 編集:井田遥

音楽:田中文久

主題歌「旅に出る唄」
作詞・作曲:原將人(正孝)、編曲:田中文久、歌 : 大久保藍

劇中歌「あてのない旅」
作詞・作曲:原將人(正孝)、編曲:田中文久、歌 : 大久保藍

アニメーション・ドキュメンタリー制作:
佐々木友輔、井田遥、音泉寧々、品岡トトリ、山崎七重、盛田実優、渡邉乃愛

製作:鳥取銀河鉄道祭実行委員会、佐々木友輔

デザイン:うかぶLLC

協力:蔵多優美、佐々木つばさ、蛇谷りえ、高橋裕行、野口明生

スペシャル・サンクス:榎木久薫、岡村知子、木野彩子、五島朋子、樽本光代、筒井宏樹、松本健一

Cinephilia Now: Part Ⅲ – Lux crawler i++

第Ⅲ部 星を蒐める

107分、ビデオ、2020年、揺動FILMS03

鳥取県西部で活動する団体には、コミュニティの強さを感じた。イベント当日に集まるだけではなく、ふだんから活発な交流があり、助け合いの精神を持っている。映画や映像は「作品」だけでは成立しない。鑑賞体験を構成する、記録に残らない諸々を、忘れないうちに書き記しておきたいと思った。

出演:青木郷香、大下志穂、赤井孝美、山口東炫、浦木誠一、武山輝詔、吉田明広、水野耕一、小山大輔/マルチーズ、田口あゆみ、河本幸樹、升田乃愛、島崎寛己、田中晋

声の出演:村上大樹、松本凌、大久保藍

監督・撮影・編集:佐々木友輔

編集:井田遥

音楽:田中文久

主題歌「旅に出る唄」
作詞・作曲:原將人(正孝)、編曲:田中文久、歌 : 大久保藍

劇中歌「あてのない旅」
作詞・作曲:原將人(正孝)、編曲:田中文久、歌 : 大久保藍

製作:鳥取銀河鉄道祭実行委員会、佐々木友輔

デザイン:うかぶLLC

協力:蔵多優美、佐々木つばさ、蛇谷りえ、高橋裕行、山崎七重、品岡トトリ、中村晶(米子ガイナックス)

スペシャル・サンクス:木野彩子、五島朋子、筒井宏樹、野口明生

Theater

No.4 鳥取県(中止)

三部作上映@パレットとっとり市民交流ホール(中止)

鳥取大学長から新型コロナウイルス感染拡大防止に関する要請があり(https://www.tottori-u.ac.jp/item/19199.htm)、止むを得ず中止の判断をいたしました。

鳥取市弥生町323-1

2022年2月6日(日) 
11:00-19:00

トークイベントあり

料金:無料
予約制(定員30名)

主催:鳥取大学地域学部附属芸術文化センター(佐々木研究室)
助成:令和3年度 鳥取県文化芸術活動支援補助金助成事業、鳥取大学 令和3年度学長裁量経費、鳥取大学:人口希薄化地域における地域創生を目指した実践型教育研究の新展開(戦略3-1)支援事業、JSPS科研費助成事業(若手研究)JP20K12889「鳥取県内の映画の公共上映の実態とその担い手の映画体験に関する個人史研究」
No.3 鳥取県(終了)

第Ⅲ部上映@ガイナックスシアター ホールAnn

鳥取県米子市末広町311 イオン米子駅前店3階

2020年11月28日(土) 
14:30-17:00

※監督によるアフタートークあり

料金:無料
予約制
※当日受付有

予約・お問い合わせ:
sasakiyusuke(a)tottori-u.ac.jp
主催:鳥取大学地域学部附属芸術文化センター 佐々木研究室
令和2年度 鳥取県文化芸術活動支援補助金助成事業
令和2年度 鳥取大学地域学部長経費事業

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マスクの着用、アルコール消毒をお願いします。健康状態に不安のある方はご参加をお控えください。また受付でお名前と連絡先を確認させていただきます。

No.2 鳥取県(終了)

第Ⅱ部上映@ホテルセントパレス倉吉

倉吉市上井町1丁目9-2 宴会棟

2020年11月7日(土) 
15:30-17:30

※監督によるアフタートークあり

料金:無料
予約制
※当日受付有

予約・お問い合わせ:
sasakiyusuke(a)tottori-u.ac.jp
主催:鳥取大学地域学部附属芸術文化センター 佐々木研究室
令和2年度 鳥取県文化芸術活動支援補助金助成事業
令和2年度 鳥取大学地域学部長経費事業

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マスクの着用、アルコール消毒をお願いします。健康状態に不安のある方はご参加をお控えください。また受付でお名前と連絡先を確認させていただきます。

No.1 鳥取県(終了)

第Ⅰ部上映@パレットとっとり市民交流ホール

鳥取市弥生町323-1

2020年3月6日(金) 
19:00-21:00

2020年3月8日(日) 
14:00-16:00

※両日、監督によるアフタートークあり

料金:1,500円

問い合わせ:
qspds996(a)gmail.com
主催:鳥取銀河鉄道祭実行委員会、鳥取県総合芸術文化祭実行委員会
第17回鳥取県総合芸術文化祭・とりアート2019メイン事業「鳥取銀河鉄道祭」リサーチ事業企画


※新型コロナウィルスへの対応について

現時点(3/1)では開催を予定しています。ただし、新型コロナウィルス感染拡大の状況により変更の可能性もございますので、当日はウェブサイト等で再度ご確認の上お越しください。

新型コロナウィルスに限らず感染症の予防のため、各自マスクの持参・着用、上映前・上映後の手洗い、うがい、アルコール消毒をお願いします。咳・くしゃみ・発熱などご体調の優れない方や、健康状態に不安のある方はご参加をお控えください。また、受付でお名前と連絡先を確認させていただきます。

Project


 
私たちが映画を楽しむとき、その背後には必ず、
映画を「見る場所」や「見せる人」の存在があります。
芝居小屋、映画館、公共施設、自宅(テレビ、ビデオ、パソコン)、掌の上(スマホ)……
映画を見る環境は日々刻々と変化しています。
ふだん意識することは少なくても、
ふと気がつくと慣れ親しんだ場所がなくなっていたり、
まったく別の姿に変貌していて驚くこともあるでしょう。
本企画は、「鳥取の映画文化」をテーマとする展覧会と上映会の開催を通じて、
眠っていた記憶を蘇らせ、私たちと映画との関わりを今一度見つめ直す試みです。
残された資料は少なく、調査も始まったばかり。
皆様がお持ちの「記憶」や「記録」も、ぜひ共有していただけると幸いです。
 
第1部:Claraによる展覧会
イラストで見る、鳥取市内の映画館&レンタルビデオショップ史

かつては鳥取にもたくさんの映画館があり、最盛期には鳥取市内だけで同時に9館が営業していました。また80年代後半には映画館に代わってレンタルビデオショップが隆盛し、人びとの映画体験を生み出す新たな場所として重宝されてきました。しかし映画館もレンタル店も、外観の記録はほとんど残されていないため、在りし日の記憶は急速に薄れつつあります。そこで本展では、新聞記事や記録写真、当時を知る人へのインタビュー等をもとにして、鳥取市内にかつてあった映画館およびレンタル店を調査し、イラストレーターClaraによるイラストを通じた記憶の復元を試みます。

出品作家:Clara(イラスト)、佐々木友輔(テキスト・年表)
リサーチ:音泉寧々、根路銘翔以李、渡邉乃愛、武田泰成、田中慧、田中万智、亀田蛍

会場:gallery そら(鳥取市栄町658-3 駅前サンロード)
日時: 2022年1月24日(月)〜1月30日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
 
Clara(クララ)

鳥取県鳥取市生まれ。イラストレーター。鳥取県総合情報誌「とっとりNOW」の表紙をはじめ、鳥取市地域振興券のイラストや全国高校生手話パフォーマンス甲子園の募集チラシ、猫カフェ「Kitty Blue」の壁画など手がける。また、鳥取の皆さまにより多くの映画を楽しんでいただきたいという想いから、2017年に映画の自主上映団体「クララとクロダのひょっこりシネマ」を始める。

  
関連企画:突発的ギャラリートーク

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、突発的ギャラリートークは中止します。展覧会の感想や映画館・レンタル店の「記憶」については、会場に設置してあるアンケートにご記入いただけましたら幸いです。

1月24日(月)未定・近日更新
1月25日(火)未定・近日更新
1月26日(水)未定・近日更新
1月27日(木)未定・近日更新
1月28日(金)未定・近日更新
1月29日(土)未定・近日更新
1月30日(日)未定・近日更新
第2部:『映画愛の現在』三部作上映会&トークイベント
ドキュメンタリーで見る、鳥取の自主上映活動

『映画愛の現在』三部作は、鳥取県内で映画の自主上映活動を行う個人・団体26組(46名)にインタビューを行い、2020年に完成したドキュメンタリー映画です。現在、鳥取県内には映画館が3館しか残っていませんが、「自分たちが選んだ作品を、自分たちの手で上映」する活動を続ける人びとの尽力によって、鳥取に居ながらにして多様な映画を見る機会が確保されてきました。三部作を鑑賞することで、実は豊かな「鳥取の映画文化」を知ることができるでしょう。

また同日開催のトークイベント「見る場所を作る」では、実際に鳥取で活動する三団体——鳥取コミュニティシネマの清水増夫さん、jig theaterの柴田修兵さん、クララとクロダのひょっこりシネマのClaraさんをゲストに迎え、鳥取の映画文化の現在と未来への展望を伺います。

会場:パレットとっとり市民交流ホール(鳥取市弥生町323-1)
日時: 2022年2月6日(日)
11:00-12:00|トークイベント:見る場所を作る——鳥取で活動する三団体からの報告(登壇者:清水増夫、柴田修兵、Clara、司会進行:佐々木友輔)
13:00-14:50|『映画愛の現在 第Ⅰ部』上映(103分)
14:50-15:00| 休憩
15:00-16:50|『映画愛の現在 第Ⅱ部』上映(103分)
16:50-17:00| 休憩
17:00-19:00|『映画愛の現在 第Ⅲ部』上映(107分)
 
予約方法

件名|2/6上映会予約
本文|1.氏名、2.住所(申し込み人数分をご記入ください)
3.電話番号(緊急連絡先)
4.参加を希望するプログラム(トーク/映画第1部/第2部/第3部/全て)
↑の情報をまとめて、sasakiyusuke@tottori-u.ac.jp(佐々木)までメールをお送りください。

当日受付も行いますが、来場者が定員50名を超える場合には入場をお断りすることがございますのでご了承ください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、定員を30名に変更しました。何卒ご了承ください。

あなたの「記憶」をお聞かせください

鳥取の映画館やビデオレンタルショップについて覚えていることや、印象に残っている映画体験について、ぜひ皆様のお話をお聞かせください。記録写真や資料などの情報提供も大歓迎です。以下の方法でお知らせください。
 
❶突発的ギャラリートーク:1月24日〜30日の展覧会期中、在廊している作家(佐々木、Clara)に直接お声がけください。在廊スケジュールはウェブサイトをご確認ください。

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、突発的ギャラリートークは中止します。展覧会の感想や映画館・レンタル店の「記憶」については、会場に設置してあるアンケートにご記入いただけましたら幸いです。


❷アンケート:展覧会場にアンケートを記入・掲示するコーナーを設けています。

❸ メール・お手紙など:以下の宛先まで情報をお寄せください。必ず返信可能な連絡先とお名前をご記載ください。
 
 メール|sasakiyusuke@tottori-u.ac.jp(佐々木友輔)
 お手紙|〒680-8550 鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101 鳥取大学地域学部 佐々木友輔 宛

Book

映画愛の現在 第Ⅰ部/壁の向こうで
(揺動books01)

映画の公開に併せて、二本の論考を収録したパンフレットを販売します。上映会場などでお買い求めください。
発行:揺動
発行日:2020年3月6日
著:佐々木友輔
デザイン:蔵多優美
価格:700円
収録論考:
① 佐々木友輔「鳥取で映画と愛について考える--『映画愛の現在』プロダクションノート」
② 佐々木友輔「農民芸術の文脈と批評--宮沢賢治『農民芸術概論網要』の続きを書く」

Profile

監督|佐々木友輔

1985年兵庫県生まれ。映像作家、企画者。主な長編映画に2010年『新景カサネガフチ』、2013年『土瀝青 asphalt』、2016年『TRAILer』、2019年『コールヒストリー』、グループ展に2015年「第7回恵比寿映像祭」、2016年「記述の技術 Art of Description」(ARTZONE)、著作に2015年「三脚とは何だったのか──映画・映像入門書の20世紀」(『ビジュアル・コミュニケーション──動画時代の文化批評』所収、南雲堂)、2018年「房総ユートピアの諸相──〈半島〉と〈郊外〉のあいだで」(『半島論──文学とアートによる叛乱の地勢学』所収、響文社)などがある。
イラスト:品岡トトリ

Web Site