映画愛の現在

現在を見つめ、未来の「映画愛」のかたちを探る長編ドキュメンタリー映画三部作

Introduction

2016年の春、大学の職を得て、鳥取で暮らすことになった。夜行バスに乗り込んで、三年間過ごした東京を離れる。鳥取市内には、映画館が一館しかなかった。県内で見ても、東中西部にそれぞれ一館ずつ、合計三館しかなかった。

個人制作の映画を撮り、作品論や作家論も書いてきたわたしにとって、これは大問題だった。「日々、浴びるように映画を見なければ、優れた作品はつくれない。優れた文章を書くことはできない。」そういう世界で生きてきたからだ。

「映画とは何か。」映画を愛する人々の決まり文句。けれども今は、別の問いを立てる必要があった。映画はどこにあるのか。どこに映画を見に行くのか。私はスクリーンを求めて街に出た。この土地で映画を愛し、自らの手で上映機会を作り出す活動を続けてきた先輩たちに、人生相談をする旅が始まった。

第Ⅰ部 壁の向こうで

Cinephilia Now: Part I
Secrets within walls

予告編作品概要
第Ⅱ部 旅の道連れ(仮)

Cinephilia Now: Part Ⅱ
Coming Soon. 

第Ⅲ部 映画から遠く離れて(仮)

Cinephilia Now: Part Ⅲ 
Coming Soon.

映画愛の現在 第Ⅰ部/壁の向こうで

Cinephilia Now: Part I – Secrets within walls

103、ビデオ、2020

出演:中村俊一郎、清水増夫、Clara、黒田ミキ、森本良和、長嶺泉子、中島諒人、映画を見る会、赤井あずみ、蛇谷りえ、安部大河、柿原朔太郎

監督・撮影:佐々木友輔

編集:井田遥

音楽:田中文久

主題歌「旅に出る唄」作詞・作曲:原將人(正孝)、編曲:田中文久、歌 : 大久保藍

製作:鳥取銀河鉄道祭実行委員会、佐々木友輔

デザイン:三宅航太郎(うかぶLLC

協力:蔵多優美、坂田希究、佐々木つばさ、蛇谷りえ、高橋裕行、山崎七重

スペシャル・サンクス:木野彩子、五島朋子、筒井宏樹、野口明生

Theater

鳥取県

パレットとっとり
市民交流ホール

鳥取市弥生町323-1

2020年3月6日(金) 
19:00-21:00

2020年3月8日(日) 
14:00-16:00

※両日、監督によるアフタートークあり

料金:1,500円

問い合わせ:
qspds996(a)gmail.com
主催:鳥取銀河鉄道祭実行委員会、鳥取県総合芸術文化祭実行委員会
第17回鳥取県総合芸術文化祭・とりアート2019メイン事業「鳥取銀河鉄道祭」リサーチ事業企画


※新型コロナウィルスへの対応について

現時点(3/1)では開催を予定しています。ただし、新型コロナウィルス感染拡大の状況により変更の可能性もございますので、当日はウェブサイト等で再度ご確認の上お越しください。

新型コロナウィルスに限らず感染症の予防のため、各自マスクの持参・着用、上映前・上映後の手洗い、うがい、アルコール消毒をお願いします。咳・くしゃみ・発熱などご体調の優れない方や、健康状態に不安のある方はご参加をお控えください。また、受付でお名前と連絡先を確認させていただきます。

Book

映画愛の現在 第Ⅰ部/壁の向こうで
(揺動books01)

映画の公開に併せて、二本の論考を収録したパンフレットを販売します。上映会場などでお買い求めください。
発行:揺動
発行日:2020年3月6日
著:佐々木友輔
デザイン:蔵多優美
価格:700円
収録論考:
① 佐々木友輔「鳥取で映画と愛について考える--『映画愛の現在』プロダクションノート」
② 佐々木友輔「農民芸術の文脈と批評--宮沢賢治『農民芸術概論網要』の続きを書く」

Profile

監督|佐々木友輔

1985年兵庫県生まれ。映像作家、企画者。主な長編映画に2010年『新景カサネガフチ』、2013年『土瀝青 asphalt』、2016年『TRAILer』、2019年『コールヒストリー』、グループ展に2015年「第7回恵比寿映像祭」、2016年「記述の技術 Art of Description」(ARTZONE)、著作に2015年「三脚とは何だったのか──映画・映像入門書の20世紀」(『ビジュアル・コミュニケーション──動画時代の文化批評』所収、南雲堂)、2018年「房総ユートピアの諸相──〈半島〉と〈郊外〉のあいだで」(『半島論──文学とアートによる叛乱の地勢学』所収、響文社)などがある。

Web Site