『聞く』からはじまるコミュニケーション〜「ハッピーアワー」上映会&トークショー

今年の夏、鳥取で『ハッピーアワー』の上映会と濱口竜介監督×出演者トークが行われます。鳥取大学地域学部佐々木ゼミの村上大樹くんと五島ゼミの松本凌くんによる企画です。ぜひご覧ください。

 

なぜ今、この場所で『ハッピーアワー』を上映するのか?

「言葉を聞いて、相手を受け止める」
僕たちが運営するにんげん研究会の講座で濱口監督をお招きした際、「<聞く>ことによる映画づくり」をテーマに『ハッピーアワー』の制作現場のお話を伺いました。「聞く」ことによるコミュニケーションは、互いに言葉を聞き合い、分かり合い、受け止め合うことを意識したものです。その中で信頼関係が生まれ、真に迫るやり取りを引き出すことができるのです。僕はこのお話を聞いて、自分がいかに相手の言葉を蔑ろにしていたか気づかされました。相手の言葉の表層をその人の全てだと思い込んで、対話をそこで終わらせてしまうことが度々ありました。「聞く」ことを通じて、その人と誠実に向き合おうとする姿勢が、コミュニケーションの本来あるべき姿なのかもしれません。みなさんも『ハッピーアワー』の鑑賞、そして濱口監督や演者の方々との出会いを経て、コミュニケーションについて新しい発見をしてみませんか?みなさんのお越しを心よりお待ちしています。
村上大樹(鳥取大学 地域学部地域文化学科 芸術文化コース)

『ハッピーアワー』上映会
日時|2018年8月18日(土)・25日(土)
開場11:30 上映12:00(終了17:30)
場所|鳥取県立博物館 講堂(鳥取市東町2丁目124)
定員|250名
駐車場台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
チケット|2000円(当日券のみ・予約不要)

▲各種割引あります!(割引は併用不可)
・学生割(要学生証提示)400円引
・ペア( 2人以上)割 一人200円引
・シニア割(50歳以上)200円引
・トークショー参加割 200円引

濱口竜介監督×出演者トークショー&交流会
「人と出会って、自分をみつける」
インタビュー形式で出演者の皆様にお話していただきながら、映画『ハッピーアワー』の裏側にある「聞く」ことによって生まれるコミュニケーションについてお伺いします。

日時|2018年8月19日(日)
開始15:00(終了17:00)
交流会 18:00〜(会費2,000円 ドリンク付)
会場|Y Pub&Hostel(鳥取市今町2-201)
参加費|500円+1drinkオーダー
定員|40名(要予約)

司会|村上大樹+松本凌(鳥取大学地域学部)
登壇者|濱口竜介監督、川村りらさん(純役)、出村弘美さん(日向子役)、坂庄基さん(風間役)、久貝亜美さん(淑恵役)、田辺泰信さん(栗田役)、殿井歩さん(葉子役)、椎橋怜奈さん(こずえ役)

予約受付|Y Pub&Hostel
電話|0857-30-7553
Email|mail(a)y-tottori.com
(お名前・人数・トークショー/交流会の参加有無をご連絡ください。)

問い合わせ|鳥取大学地域学部 佐々木ゼミ所属 村上大樹
電話|080-6344-5418
Email mukku8n(a)gmail.com

鳥取大学地域実践型教育活動
主催|鳥取大学にんげん研究会
担当|村上大樹(佐々木ゼミ)、松本凌(五島ゼミ)
企画・運営協力|うかぶLLC、NEOPA Inc

上映会&トークショー企画|にんげん研究会
鳥取大学地域学部の複数のゼミとゲストハウス&カフェ「たみ」を運営するうかぶLLCが共同して活動する研究会。地域社会の中で、ひとりの「にんげん」がどのように活動し、いかにして仲間を増やし環境をつくるのかについて、生活する人々の視点で、読書会やトークイベント、研究発表会などを行う。2017年度には、「地域と文化のためのメディアを考える連続講座#2」を開催し、濱口監督や他分野の実践者を講師として招いた。